dokiwaku_everydayのブログ

ドキドキ♥ワクワク...ハラハラ付きブログ 

ビットコイン取引高日本一の仮想通貨取引所 coincheck bitcoin

『ドキワクな毎日』~ 優しいな!polcaの世界 ~

おはようございます!
久しぶりに平日に更新します。

 

前回のブログで移住地候補を挙げてみたら

③のフランス・パリ行きに反応くださった方がいました。

 

もう...それ以来、

毎日が妄想Timeになってます。

 

🙄もしも...今

パリで仕事をしていたら....

 

もしも...今

パリで食事をしていたら...😌

 

もしも...   

ニヤけが止まりません。(笑)

 

 

そんな妄想の日々の中、私の節目応援polcaが立ち上がりました。

polca.jp

立ち上げてくださったのは、安藤靖さんです。

 

何だか凄く心強いです。

コレからの生活に不安がないわけじゃないので、こうやって応援してくださる方がいるってわかるだけで、私って幸せ者だなぁ…と感じてます。

 

そして、良き理解者である私からも エールを送らなくっちゃ…という事で、私への応援polcaに支援しました。

 

今は仕事がめっちゃ忙しいので、自分のことを考えている余裕がないため、あまり不安を感じていません。だけど、ちょっとしたことで気持ちがグラつきそうで、本当は不安で一杯だったりもしています。皆からのご支援を勇気に変えて、前に進もうと思います。

 

決して...

フランス・パリに連れてってとは言ってません(笑)

 

そんなpolcaについて、少し久しぶりに書いてみます。

polcaはお金をカンパして貰うアプリだけど、ただ「お金」を集めるアプリとして捉えていると、本当のpolcaの良さが伝わらず、理解して貰えないと思います。

 

実際に支援して貰ったり、支援する側に回ってみて、初めて感じ取れる思いがあります。その思いは、時と場合によって千差万別ですが、そこがpolcaの魅力だと思っています。

 

私も去年の後半は金欠病だったので、とにかく支援して貰う側に立っていました。

 

支援して貰う側にいながらpolca仲間ができ、企画する度に仲間の方々に支援していただいて、正に家入さんが言っている『小さな経済圏』が既にpolcaを通して私の周りででき上っている気がしています。

 

そして、今年の誕生日は私自身のグレードがアップすることもあり、それまで支援して貰う側にいた私から支援する側に回ってみました。

 

すると、支援する金額はちょっぴりなのに、得られたものは大きく豊かな気持ちと心地良さを味わうことができました。

 

グレードアップ企画を閃いた瞬間、Twitterで我儘っぽいツイートをして

「今日は私の誕生日だから、グレードアップ企画としてご支援させて~! 」

「誰か企画立てて~」

 お風呂に入りました。

 

すると優しいTwitter仲間の時雨さんが、ツイートを見てくれたのでしょうか?

お風呂から上がると本当に企画が立ちあがっていました。ただ、タイミングが良かっただけなのかもしれないけれど。

 

٩(ˊᗜˋ*)وヤッター!

 

...と、ワクワクモードで1番手支援を体感♥

 

何でも一番乗りって気持ちいいですよね。

 

 

そして、誕生日の夜は私のお鍋polca最終日でもあったのです。

支援側に回って心地よくなっていて、すっかり忘れてました。

 

残り時間が少なくなって気づき慌ててツイートしたら、それまでにご支援してくれていた仲間の方たちが、2度目...3度目のご支援をして下さって、もう♥のグレードアップ感がハンパなかったです。

ご支援してくださった方の名前をご紹介します。

CakeP3さん

安藤靖さん

ずんださん

腰山累さん

chindamiさん

tmakさん

あむ@さん

 

みんな...いつも

ありがとうございます!«٩(*´꒳`*)۶»

 

20年近く使っていたお鍋の部品を新調して、一生モノととして使おうと思っていたアサヒ軽金属の活力鍋ですが、部品を交換してみたけれど不調だったので検査の為に工場へ送っていたところ、先日戻って来ましてなんと!新品になって帰って来ました。

皆からの部品代のご支援が、新品鍋GETに繋がって思わず感動しちゃいました。

 

 

相手に見返りを求めない支援は、まだまだ日本人は苦手っぽいけど、子供の頃から「支援」する、されることを身につけていると将来、凄くその子の人生が豊かになるように思うので、教育の一環としてもオススメします。

 

たかがお金(モノ)だけれど、そこから色んな世界を見せて貰える現在って面白いですネ。

 

お金に思いが付加され、優しいコミニュケーションツールとなるpolcaをもっと多くの人に知って貰えると良いなぁ~

 

さっ!今日もガンバルゾ♪

 

 

 

 

『ドキワクな毎日』~ 移住地候補(募集中) ~

ここのところ、ブログの更新が遅くてすみません!

 

前回のぶっちゃけにより、環境が変わる日が近いこの頃ですが、仕事の方も忙しく部屋探しがなかなかできて居ません。

 

そんな中、先週の半ば…

旦那ちゃんから紙切れをいただきました。

f:id:dokiwaku_everyday:20180409000156j:image

最後に動いてくれたようで、ありがとうございます。

 

…という事で、早急に動かねばならないのですが、頭の中ではグルグルと移動候補地の選択が迫られております。

 

現在の移動の候補地は、

①近場

②近畿圏内  

③フランス・パリ...となっております。 

 

それでは、それぞれのメリット、デメリットを見てみましょう。

 

①  近場移動

現状の忙しさから考えると一気に移動するのではなく、徐々に引越しできるメリットがあります。部屋さえ押さえておけば、ゆっくり確実に部屋のレイアウトを考えられ、荷物が運べる点がメリットではないでしょうか。

古巣の不要なものを廃棄しやすい点でもメリットと言えます。

ただ、デメリットとして、古旦那の間近に住むということは、見たくないものがいつまでも目に入ってくる可能性もありますし、精神的にあまりよくありませんね。
ココは、キッパリとご縁を断ち切りたいのであれば不向きデス。

 

②  近畿圏内移動(川西市)

はい!ここで疑問に思われた方もいるでしょう。

何故、川西?

 

それはですね、

キンコン西野さんの野望のひとつ『地元に美術館を作る!』

…と言ってたことから閃いた候補地です。

 

今だったら私…飛んでいけます♪ (笑)

生活圏内近くに好きなモノ、お気に入りの場所がある生活...って憧れませんか?

思わず『離婚』を忘れて、ワクワクしながら閃いてしまった候補地No.2です。

 

デメリットとしては、本当に西野さんが建てるかどうかの問題はありますが、(予定は未定なので)...。

 

絶対、建ててね!西野さん

私の楽しい老後に必要だから…

 

しかし、その問題に関しては、都合よく忘れっぽい年齢に突入していくので、きっと大丈夫でしょう。問題ナッシング(´・ω・)b

 

③  フランス・パリへ移住

今朝...Twitterに流れて来たエッフェル塔の画像を見てしまったら、呼ばれてる気がして候補に無理矢理入れてみました。

f:id:dokiwaku_everyday:20180409000358j:image

子供の頃からフランス史が大好きな私としては、人生一度きり!...と思えばこそ住んでみたい場所です。

 

作家...辻仁成さんのツイートや記事を日々読んでいると、益々フランス・パリに惹かれてしまうのです。

先月、独身以来の観劇をひとりで楽しんで来ました。それも辻さん原作の『99才まで生きたあかんぼう』。人が生まれて死ぬまでの一生を刻んだ劇だったのですが、この作品に触れられたのは、ご縁によるものだ…と思わずにはいられません。

 

今…こうして私の中で節目に差し掛かっているからでしょうか?

劇を観ていた時間より、見終わった後の過ぎて行く時間の中で、ジワジワと感じる思いがあります。うまく表現ができないけれど、何かが湧き出てくる感じです。そんなことを思いながら③にフランス・パリを入れてみました。

 

デメリットとしては、かなり遠い!英語もフランス語もできない私は、身振り手振りで生きていくしかない!…という点です。

 

以上

 

現在の候補地でした!|•'-'•)و✧

 

まだまだ、素敵な場所があれば候補にあげたいと思います。

アナタのおすすめの物件、住みよい街などがあれば是非教えてくださいネ!

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

『ドキワクな毎日』~ 再スタート予告♪ ~

今日から4月ですね。

昨日、バイクで買い物へ行く際、あちらこちらの桜の木がほぼ満開になっていることに気付きました。

f:id:dokiwaku_everyday:20180401111404j:plain

ようやく私の周りにも『春』が訪れたようです。

 

そんな春うららな日ですが

この度…私、

家を追い出されることになりまして

新たな拠点、住み家を探すこととなりました。(爆弾発言)

 

なかなか変わらない現状(旦那)に、いい加減うんざりしていた日々だったので、一石投じてみました。長年お互いもう修復は不可能な状態でありながら、白黒ハッキリしない日々を送っていました。

 

きっかけになったのは、国保料の支払いを主人に任せていたら、ドヒャッ!( ゚Д゚) というくらい滞納が増えておりまして、毎回窓口へ行くたびにドキドキしながら

「差押え…そろそろですかね?」…と聞いいた私。

 

以前、あるところで押え担当していた私。

これで差し押さえられたら、シャレにならないよ~ ( ˘•ω•˘ ).。oஇ

…と主人には言っていたのです。

 

それにしても、お金のプロが家にいながらどうしてこの状態がそのまま放置されているのか、疑問を感じていたのですがプロといえど、身内には甘いようですね(笑)

 

3月に保健料を支払いに行った際、滞納金額を教えて貰ってこのままじゃ本当にダメだ!…と思い、覚悟を決めて主人に提案してみました。

 

「保健料が〇〇万円になってます。この家を出たらくれるお金をワタシにください。

ワタシが支払って、この家を出ます!」

 

こんな好条件だす私も私だけど、ここまでしないと何も変わらない現実。主人には期待もしていないので、引越し代金さえ出して貰えればラッキーと思うようにしよう…と考えています。

 

そして、息子の誕生日の朝。

廊下から主人の足音が聴こえてきたので、息子へ「おめでとう」を言いに来たな…と思って喜んでいたら、私のところへやって来て一言。

 

「目処がついたから、いつ出て行く?」…でした。(笑)

 

えっ? なに? その言葉…今日言うか?

今日、何の日かわかって言ってるよね? 息子の誕生日だよ! (心の叫び)

 

多分、この人に何を言ってもダメなんだろうな…と思い諦めて迷うことなく

「OK!準備するわ」…と伝えた私。

 

私の中では、年末から心の奥に秘めていた状況展開なので、

キタ――(゚∀゚)――!!と心の中で叫んでいました。

 

 

 

そして、「アレも貰っといてよ」…という主人。

「アレ? 離婚届け?」 

 

それも私なのか!

ココは妻として「最後の務め」として、やらせていただきます。

 

 

しかし、誕生日の日に息子にこの話をするべきなのか…迷っていた私。

だけど、もう息子も21歳…。これはあの子にとっても切り替え日なのかもしれない!

チャンス!に変えて欲しい。

…と思いながら、この日を選んだ流れに逆らわず伝えてみました。

 

すると、今までずっと「何で家を出なあかんの?」「ココは俺の家や!」「パパが出ていけばいい」…と言っていた息子だけど、今回やっと一緒に家を出ることに「OK!」してくれました。 

 

決して暗い気持ちにならないためにも、これからの再スタートがワクワクしたものになるよう日々…話をしているところです。

このことが私だけでなく、息子にとっても良い再スタートになることを願っています。

 

前回のブログでも伝えましたが職場に戻る際、社長にもぶっちゃけトークをしていたので、新たな展開を先日伝えました。

 

社長からは以前よりコールセンターもお願いされていたのですが、今の環境(二世帯)では難しいと伝えていました。

報告した際、社長もわかってくれたようで「コールセンターをしきって欲しい」…と言われ、100円マック分の時給アップも約束してくれたので、きっとこのことが良い方向へ向かっているんだと信じて頑張ろうと思います。

 

まさか…この歳でコールセンターを経験するとは思っていなかった私。

私にはあんな丁寧な喋り方はムリ!…と思っていたのですが、最近になって「もしかしたら…慣れたら私イケるかも?」…と思い始めています。(笑) 

 

社長からは「顧客ウケの話し方だ」…と言われ、他の人の場合、電話だけだったら年齢詐称が可能私みたいなので、(ಡωಡ) ニヤニヤ

職場のイメージには、合っているのかもしれない。(ホンマかいなぁ~)

 

新たに『声』を仕事としていけるなら…当分イケるかも?...と気づいてしまった私。

 

これまたラッキー♥と叫ぶ私なのでした。

 

 

今日は4月1日、エイプリルフール。

敢えてこの日にぶち込んだブログネタでした。(笑)

 

 

引越しが本格的に始動しだしたら、またpolca企画もスタートさせてみようと思っています。こんな私を応援してくださる方、引越し&再スタートをお祝いして下さる方…

是非、その際はご支援いただけると喜びます♥

 

どうぞ、よろしくお願い致します。

 

 

 

 

 

『ドキワクな毎日』~ ご縁の仕切り直し ~

なんでしょうか?

ワタシ…弄ばれているのでしょうか?

予告を無視して、話しの続きができてしまい急遽書いてます。(笑)

 

『ご縁』というのは、一旦切れたように見えていても、実際にはそう簡単に切れない場合があるようです。

 

昨日、2週間ぶりにやっとの思いでブログを更新し、バトル女へのサヨナラ宣言を書きました。バトル女とのさよならは、職場とのさよならでもあったんです。

彼女がいる職場で一緒に仕事はできない!…と思ったから。

そして、仕事を辞めた次の日から部屋の断捨離に励み、社長からバレンタインデーに届けられた2箱の仕事の残骸を処理していた私。

コレを片付けてしまえば、全てスッキリと終わる!…と思っていたのです。

今日…やっと残骸処理が終わってスッキリした!( ・◡・ )♫•*¨*•.¸¸♪

…ホッとした矢先の午前中、社長から電話がかかって来ました。

なんなんですかね。このドンピシャなタイミングは…

 

今、どうしてるの?

次の仕事は見つかった?

 

…と言う探りから始まった社長の言葉は、いつしかポロ…ポロと愚痴に変わっていました。(笑)

 

私が抜けた数日間で、一番頼りになっていた人や最近‥入ったばかりの男性もバトル女の支配力について行けず辞めてしまったという事なのです。

えぇ~っ! (; ゚ ロ゚)ナン!( ; ロ゚)゚ デス!!( ; ロ)゚ ゚トー!! 

早っ!早すぎっ!

辞める時に想像はしてたけど…早すぎるよ。

 

私が居る時は、彼女の無茶振りと圧力は私に集中していたので、チームのバランスはとれていただんだと思うのです。

だけど、私が辞めた事で彼女のストレス発散の相手が消え、チームの皆に無茶振りと圧力が分散されたのでしょう。彼女について行けず皆、辞めていってしまったということでした。

  

そうなってしまうと、会社としては大打撃。仕事が思うように進められなくなっているのでしょうか? 社長も困り果てているようでした(そりゃそうだろうな)

彼女をチームから外したから戻って来て欲しいということでした。

 

私も社長の愚痴に負けじとこれまでのことを愚痴ってみました。(笑)

そして、この際だ!とばかりに、ぶっちゃけトークも社長にして、私側の事情をオープンにして話をしてみました。次に何しよっかなぁ~とちょうど一息つき終わり、考えていたところだったので、戻れる場所を用意してくれるというならココは短時間でも良いから収入に繋げておこうと思った私。社長からも「末永く…」と言って貰ったので、彼女と接することさえなければOKです!と返事していました。

 

(´-ω-`) 私が辞めて、ちょうど1週間…

 

これから、どうなるのか分からないけど、今回のことはご縁の仕切り直しということで、とりあえず春休みを貰っていたことにして、

明日…しれ~っと復帰しま~す❣

 

電話を切った後、社長へメールを入れると

出戻り、湯田ちゃん!

あなたの取柄は、責任感の強さと、ガッツ&忍耐力です。

そのほかは…。笑

…という社長からのメールが届き、復帰を喜んでくれているようなので

ココはラッキ~♥と言って頑張るとしよう。 

 

それにしても…

「そのほかは…。笑」ってどういう意味なんだろう。 (´-ω-`)

 

 

 

 

 

『ドキワクな毎日』~ サヨウナラ ~

週一でブログ更新をしていたはずなのに…気付けば2週間も放置し続けております。

その間に状況はガラッと変わりまして、前回のブログでは平和が保たれたという内容で終わっていましたが、その後激しいバトルを再開。

お蔭でバトル女とは、キッパリさよならしました。…という事で、近況報告を兼ねて書いてみます。正直…今の段階ではもう二度と関わりたくない人種です。

f:id:dokiwaku_everyday:20180321211242j:image

あの支配欲の強さには、うんざり。支配されて楽だと感じている人だったら上手くいくのかもしれないけど、支配されたくない私としては、拒否するからヒートアップしていたのかなぁ…と過去形になって気付きました。(笑)

 

彼女の口から出てくる言葉が気持ち悪くて…呑み込めなかった日々。かかわった日数は一週間程ですが、濃厚な時間でした。私にとって彼女はまた、未確認生命体そのもの。

 

普通の人だったら揉める要素何て何もない会話だけど、彼女に掛かれば全てが歪められて法的手段に持っていかれる勢い。いまだかつて、こんな人と遭遇した事がなかったので、ビックリ仰天でした。

 

彼女への報告が少しでも遅れるものなら『業務命令違反』という言葉が飛び出し、作業納期の最終確認をしようとしたら理解して貰えず、具体的に前日、社長から送られて来たメール「今日の午前中に〇〇したい」という言葉の意味の確認をしようとしたら『虚偽報告』と言われ、呆れて口…ポッカーン、目はテンテン。

(・□・)

 

えっ! この人は一体…

何を言っているんだろう?

 

これ以上、虚偽報告するなら法的手段を取ります!

…と入ったところで、

こちらが法的手段に出たいわっ!

…とトークを入れそうになった指をグッと堪え、LINEトークを写メっていた私。(笑) トークを消される前に、冷静に証拠を収集していました。

 

だけど、悪意のある言葉をボコボコに浴びた直後は、めちゃめちゃ疲れてしまって、爽やかな朝…出勤したばかりだというのに何もできませんでした。

 

直ぐ、第三者の人にLINEトークを見て貰い、彼女が私に何を言いたいのかわからない…と訴え、翻訳して貰おうとしたけれど『怖い』の言葉しか出てきませんでした。

 

どうして私とは普通に会話ができないんだろう?

彼女を持ち上げなかったのが気に食わないのかなぁ?

だけど、そんな不自然な気持ち悪いことしたくないしなぁ…。

 

私一人で作業してきたものを複数人でやり出すと、彼女が取りまとめ役だったものの、何が何なのかサッパリわからない状態になり、締め切り時間が刻々と迫ってくる焦りがありました。

 

さよならを切り出したその日が、社長へデータを渡す締切日だったから...。

 

全体をまとめてくれていると思っていた人は、蓋を開けてみるとただ他の人に作業を振っていただけで、全体の進捗状況や細かな点がしっかり把握できていない状態。

 

作業を振られた人も良く分かっていない状態で、作業がやり辛い…やり辛い。

そして、パワハラ発言。

 

途方に暮れながら「大丈夫、大丈夫!責任者は彼女だよ」…と自分を宥めるもう一人の私。

 

グループLINEでは相変わらず作業を急かされ、たった今データが送られて来たところなのに、15分後にデータを送って!…と言っていたり

はぁ~? どんな作業をして15分なんだよ。無理に決まってるじゃん!(心の声)

 

送られて来たデータすらよくわかっていないのに、それをどう私のデータとまとめれば良いのか…。グチャグチャ ポイ!

 

チームは、彼女の支配によってまとまっているけれど、私への指示は曖昧で、そのくせ誰かに確認しようとしたら確認無用みたいな感じで『業務命令』が飛び出してくる。

この状態でどうやって作業が進むのか反対に聞きたいくらいでした。

 

最後の日に行き詰まりを感じた私は、どうすることもできない…と思って素直に弱気トークを送ってみました。

 

すると、

「考えたら負けよ!言われた通りにやれば良いだけ」…と返って来ました。

 

考えずに仕事をするってどういうことなんだろう?

馬鹿になれって、どういうこと?

 

言われた通りの作業が、無駄な作業だとわかっているだけに前に進めない私。

気付けば最善策を探し出そうと手が勝手に動いていたり…。途中で我に返ってこのまま進めるとまた揉める…という葛藤が続いていたのでした。

 

最善策を見つけて意見を言うと「あなたに意見を求めていない」…と言われるし、何なんだろう! この人…。このリーダー。

 

どういう仕事をしてきたらこんな言葉が出てくるんだろう?

意見が言えない職場って何?

 

そんな人がいることを今回初めて知り、勉強になりました。めっちゃ疲れたけど…。

 

その後、彼女から催促の電話がかかって来たけれど、途方に暮れてる私は

どうすれば良いのかわからない!

…という事しか伝えませんでした。

 

弱気を見せたところで、彼女のバトルモードがやっと解除されたように感じました。

 

とにかく、早くこの作業を終わらせてしまおう。

そうすれば問題は全て消え去る!

あぁ…お腹減ったからご飯食べて頑張ろう!

 

こうして、夕方からの作業2時間、ガッツリ集中して行うことができ、退勤時間を迎えることができました。

 

作業が終わった直後の彼女は、明日も私がいると思っていたようですが、「さよなら」を言うと普通の人に戻っていました。

 

なんやねん!それ…(笑)

 

寂しくなるからまた、遊びに来てね 

…という彼女の可愛い社交辞令を受け 

は~い…とトークを入れたものの

その直後、グループから即退会していた私。(笑)

 

 

 

サヨナラ

…サヨナラ

‥‥‥サヨウナラ

 

 

 

 

また、振り出しに戻ってしまったけど、

頑張りま~す。

 

 

【予告】 

次回は、polcaネタを書くぞ!

『ドキワクな毎日』〜 触らぬ神に祟りなし!〜

週に1度のブログのはずが...

週末に書けないでいると、何処までも書かない予感がするので、ココは頑張って書きます。

書きたい内容のお品書きはコチラ ↓↓↓

  1. バトル...その後
  2. 年末から何やら好転していること
  3. 皆んなに支えられてる私
  4. 3/4 私..グレードアップしました
  5. お金の使い道を変える

 

こんな感じですが、

まずは、前回のバトルのその後を報告します。(笑)

 

触らぬ神に祟りなし!

完全に彼女と距離を置いております。

 

社長にもチラッと彼女とバトルモードになっている事を報告した月曜日。

 

「何があったのか簡単に説明してください」..と言われたけれど、何故そうなったのか自分でも理由が分からず、グループLINEで投げられた彼女の爆弾💣発言は、全部消されていたので解明することも不可能でした。

 

バトルの日、辛うじて電話で相談に乗って貰った人とは、一緒にグループLINEの内容を検証して貰いながら話していたのですが

  • 朝から彼女がカリカリしていた
  • 私に当たっている
  • 酷い問題発言

と言う事だったので、『触らぬ神に祟りなし』と言うことで、距離を置くことに。

 

その後も第三者の方に間に入ってもらって、彼女の気持ちや言い分を聞いて貰ったけれど、結局「よくわからない」...と言う事で終わり、放置プレイ決定!

 

社長への説明も「どうも彼女と性格が合わないようで、彼女が言っている事が私には理解できません。あの日は、彼女から言いがかりを付けられた状態だったので、アレは完全なる事故です」..と報告しました。

 

こんな内容を報告して、怒られるかなぁ?...と思ってみたけど、反対に社長からアドバイスをいただき、感謝の気持ちで一杯になりました。

 

現在お世話になっている社長とは距離が近い分、感謝しかありません。

 

頼りない私だけど、できる事でしっかり力になりたい!...と思っています。

 

月曜日の午前中は、「仕事は楽しく続けたい」ことを社長に伝えてスタート。

その日は、静かに平穏に過ぎて行きました。

 

そして、火曜日の午後。

絶対に触れたくない彼女から電話がかかって来ました。

 

現在、繁忙期である会社。

猫の手も借りたい部署である彼女としては、

f:id:dokiwaku_everyday:20180306131237j:image

猫の手(私の手)を借りたい事は一目瞭然。

 

さて、彼女がどう出るのか見ることに...。少しでも仲を修復させたいと思っているのであれば、今回の事は水に流して力になろう..と思っていました。

 

しかし、彼女の口から発せられる言葉は、どうも私を否定している言葉の数々。

否定される程、接してもいないから余計に訳がわからないし、話していて楽しい気持ちになれないのです。

 

絶対に嫌!

f:id:dokiwaku_everyday:20180306132504j:image

気持ちが固まったところで、彼女から「あなたの意思を確認したいんだけど...」と来たので

「手伝う気持ちはありません!(ご安心してください)」と伝えて電話を切りました。

 

手伝ったところで、またバトルってしまう事は見えていたので、社長にも再び報告して完全にシャットアウト!

 

こうして私の平和は守られたのでした。

 

 

この世の中には、色んな人がいるので合わない人がいてもおかしくないのです。

合わない人とは、距離を保って楽しく行きていくのが一番!

 

 

問題も消えたので、今週は社長より仕事アクセルを踏まれ、頑張るっきゃない!

 

 

そして、旬なうちに書かなきゃいけないネタもある。

 うわぁぁぁ

とりあえず午後の仕事に入リます。

 

 

 

 

 

 

 

『ドキワクな毎日』~ 女のバトル(天中殺&意地悪ばあさん) ~

またまた、週に一度のブログを更新。

 

今回、何を書こう?と考えながら、迷った時は身近なネタから…ということで『女バトル』をネタにしてみます。

 

金曜日は天中殺だった私

先週の金曜日…職場のグループLINEで、1人の女性とバトルトークをしてしまった私。…と言っても、バトルモード全開だったのは相手の方。私はそれを交わしていたはずだったけど、一方的なパワハラ原発言が出たところでブチッ!!と切れて、距離を置きました。

その日は、午後から気分が悪く、周りの人から心配されて連絡を貰ったりして、ほとんど仕事になりませんでした。私自身も何度もトークを読み返し原因を探ってみたけれど、どこで彼女のスイッチを押したのか分かりません。

連絡をくれた人もトークを見てくれ、分析してくれたのですが彼女の一方的な感情しか見れなかったようで、『今日は天中殺だったんだ』という事でまとめました。

だけど、このままの状態で休みに入って、来週も一緒に仕事ができるのだろうか?…と思い、傷口が浅いうちにわだかまりをなくそうと、彼女の退社時間を狙って内線してみました。(電話番号知らないので…)

最初は、丁寧にお詫びを口にしていた私ですが、感情剥き出しの彼女の言動は、自分で気づいていないのかもしれないけれど、内容が噛み合っていないのです。彼女の言葉を聞いて、同じように私が繰り返し確認をすると、「そんな事は言っていない」…というので、この人は一体何を言っているのかさっぱりわからない状態。

気持ちに余裕がないから発言自体が鎧を身に纏った感じで、どこか気持ちが悪いのです。私に『ビジネス$%&が足りない』というなら、『アナタはコミュニケーション能力が足りなさすぎる』…と言いたい気分でした。

気持ちにゆとりがなくて、丸みがなく、空気を淀ませる感じでしょうか。多分、性格的にも私とは正反対の人なんだと思うのですが、こっちが歩み寄ろうとしていることにも気づかないリーダーって、何だそれ!

私との仲を修復しようとはこれっぽちも考えていないことがわかり、会話するだけ無駄だと気付いて、気持ちが再びブチッ!!と切れた段階で電話もブチッと切っていました。

さて…来週どうなることやら。

私の苦手なタイプ 

普段は温厚な私ですが、ヒステリックな感情剥き出しの人や、圧力をかけてくる人、自己中な発言をする人は大の苦手デス。以前の職場でも母親ぐらいの人とよくバトルっていました。今回、それを思い出してしまったので、数々の爆笑ネタを書いてみます。

f:id:dokiwaku_everyday:20180224125819j:plain

 

色んな場所で色んな仕事をやってみると、色んなタイプの人と出会います。いい出会いもあれば、もう二度と出会いたくない…と思う人もいるわけです。

出会った人のタイプを大きく分けると

  • 仲良く楽しめるタイプ
  • 敵意を露わにする合わないタイプ

…2つのタイプに分かれます。まあ、これが基本パターンですよね。

 ただ、最初に肌が合わない…と思っている人でも、時間の経過によってお互いに慣れてくると理解ができるようになったりするものです。

 普段、ツンツンして冷たい感じがする人でもよく観察してみれば、ただ愛情表現が下手なだけだったりします。

意地悪ばあさんとの出会い

以前働いていた職場に、絵に描いたような意地悪ばあさんがいました。

意地悪なんだけど、現代の虐めに比べるとギスギスしてなくて、小学生レベルの可愛さがあるもので、その時は気づかなくても時間が経つと笑えてくるものばかりです。

当時、75歳ぐらいだったでしょうか。歳を聞かされた時は、 (๑°⌓°๑)えっ?...と驚いてしまった私。長い年月...不動のポジションと仕事へのスタイルを崩す事なく、ドッシリ40年近く?職場でおばば様の居場所がキープされていたのです。

会社もよくそんな歳まで働かせるなぁ..と思っていた私ですが、周りの話を聞けばこれまでにも何人か私同様、引き継ぎ要員として送り込まれていました。

だけど見事にバッサバッサとおばば様にやられ、辞めて行ったと言う話です。年齢も年齢なので、会社としては何としても引き継ぎをして退いて貰いたいわけなのです。

そこで、「補佐」という形で最終投入されたのが私でした。

おばば様の敵…現る!それ…私。 

おばば様からすると「また来たな!」でしょうか。良い気持ちではないので、いつもの調子で追い出しにかかって来るのです。あの手この手を使って…。

だけど、初日はお互いに相手の様子を伺う感じで、私もおばば様がそんな意地悪をする人だとは知らないので、猫をかぶってにこやかに話しを聞いて調子を合わせていました。

f:id:dokiwaku_everyday:20180224155227j:image

その夜からきっと、おばば様は私を追い出す策を毎日練っていた事でしょう。

おばば様による、追い出し作戦

次の日から、おばば様の意地悪さが露になって来ました。

私を孤立させたいがために、女性社員と私をなるべく接触させないようにしたり、私が女性社員へ職場情報について聞いていると、耳をダンボにして聞いているのです。(1Fの会話を2Fで)

そして、仕事の合間に思い出してグチグチと言い出し、例え内容が

「うちの会社の工場って、どこにどれだけあるんですか?」だったとしても、

「アンタの仕事には関係ない!」…という始末。

(´-ω-`)えっ? 関係ないの? 自分が働く会社のことなのに…?

…と、言われた時は思っていたのですが、時間が経つともしかしたら、私が他の社員に聞いた事への嫉妬かな?と思い、次からおばば様へ質問をぶつけてみることに…。

しかし、結果は同じでした。(笑)

しまった!機嫌の良い時を狙わなきゃ‼

仕事を覚えるより、おばば様の操縦が大切‼

それまでにも色々な場所で仕事はしてきたのですが、他の職場と大きく違っていた点は、仕事を覚えるより先に、おばば様の操縦を覚えなきゃいけないという事でした。

人生初のかなりの曲者だったおばば様。普通の人だったら絶対持たないなぁ…と、つくづく感じました。幸い?普通の人じゃない私は、自分にとって未確認生物であるおばば様に興味があったんです。

この意地悪さのレベルは、どれくらいだろう?

どうして、そんな性格になってしまったんだろう?

...と、知りたい部分が色々ありました。やめておけば良いのに...(笑)

意地悪ばあさんになった原因を探る

日が過ぎていくと意地悪さはレベルアップしていくんだけど、時には優しい面も薄っすらと見えるので、尚更…興味が湧くのでしょうか?

仕事が暇な時は、色々な話しをしてくれました。仕事中ですが…(笑)

おばば様の子供の頃の話しや、会社で働くきっかけになった事、前社長のことや、現社長のあんなことやこんな事まで(笑) 

そんな話しをするおばば様を周りも聞いて放置していました。

おばば様の話しを聞いてみてわかったことは、子供の頃に育った環境や親の愛情不足、色々と苦労して来た事でしょうか。その話しの中で、継母による意地悪もありました。きっと、幼少期の頃に継母から受けた意地悪が原因で、今のおばば様ができ上ったような気がします。

PCは不要‼

そんなおばば様は、仕事が暇な時に大概『PHP』を読んでいました。

だからでしょうか。

頭の回転は70代とは思えない早さ。ボケる心配もありません(笑)

そして、おばば様が暇な時は、指示が飛んでこない私もとっても暇なのです。ヽ(´Д`)ノ

「暇」が大の苦手な私は、目の前にPCを用意して貰っていたので、何かしていなきゃ…と思い、そうだ!おばば様の古い資料をPCでリニューアルしようと閃きました。

おばば様の資料をリニューアルしよう!

おばば様の持っている資料は、随分と長い間使い込んでいるようで、紙が変色したり、コピーをどれだけ繰り返したらこの星空ができるのか!…というくらいに見にくかったんです。

ずっと見ていると、目がチカチカしてくる始末。綺麗に見やすくなれば、きっと喜ぶだろうと思ってPCのスイッチをON。

チラッと横を見ると👀、私に背中を向けて本を読んでいるような…ウトウトしているような、そんなおばば様が居たので許可を取らずにカタカタやっていました。

 

数分後、何かの気配を察知したようで、背中を向けていたおばば様がクルっと体勢を変え、ギロッとこちらを見てしまったのです。(笑)

ヤバイ!

アナログの世界にドップリ浸かっているおばば様からすると、例え便利なPCが私の目の前に用意されていたとしても、現代文明の生活は許されないのです。

それを使わせるわけにはいかない…という事で

アンタ!PCで何カタカタやってるのよ!…とセリフが飛んで来ました。(爆)

 

えぇ~っ! 今…何時代? PCダメなの!? ( °̥̥̥̥̥̥̥̥◡͐°̥̥̥̥̥̥̥̥)

めげない私…

しかし、私もめげないタイプなので、PCはおばば様が席にいない時を狙ってON。帰って来たら画面をOFFにして、カタカタ資料作りをしていました。(笑)

おばば様の退社後は、部長の許可を得て色々な資料を拝借していました。

その代わり…「見たら元通りにしとかな後が怖いで~」という部長の言葉により戻す時こそ慎重に…を心がけていました。(笑)

敵も然ることながら… 

敵も然ることながら考えることは同じで、出勤時間がおばば様より1時間遅い私の机の中は、常にチェックされていました。ノートもしっかりチェックされていたんです。

それに気づいた私は、ノートにわざとおばば様の愚痴と悪口もぜ〜んぶ織り交ぜて書いていました。😛

最初の節目は1週間後

おばば様にとって私は、なかなかしぶとかったようで、日増しにエスカレートしていくおばば様の言動。仕事で粗探しができない時には、ペンの握り方やちょっとした数字の書き方に関しても難癖つけてくる始末。

おばば様に呼ばれ、座っているおばば様の横に立ってグチグチ言われていると、イライラ度合いが増してきて、知らず知らずに後ろに回した手がペンをカチカチ カチカチやり始め周りに猛アピール!

 

時には、見かねた常務が別の話しでおばば様との間に割り込んでくれ、後ろに回している私の手に飴🍬やお菓子を渡してくれるのです。(笑)

そして、常務の後ろに回った手が「今だ!逃げろ!」と合図をくれたり、ドラマのような爆笑場面もありました。

以前、引継ぎ要員で投入された人たちが、1週間..1ヶ月で辞めたという話を聞いては、はは~ん…と思っていた私。

まずは、1週間経った頃が第1ラウンド?

ブチッと音がした日

皆と同じように、私が1週間で音を上げることをおばば様は望んでいた事でしょう。

しかし…1週間たった頃の私は音を上げるどころか反対にブチ切れて、おばば様に噛み付いていました。仕事の引継ぎが出来ていないのに、出来て当たり前のようなことを言われプチッ!

あなたの数十年と、私の1週間を一緒にするな~!٩(๑`^´๑)۶

 

多分、今まで誰からも反論されたことがないおばば様は、一瞬ビックリしたようで静かになりました。(声のトーンが小さくなって…)

その後…部長から呼ばれて会議室で3人で話しをした後、部長と2人で対策を練ったり、部長から見たおばば様の情報を教えて貰ったりしていました。

 

席に戻るとおばば様から「大人しい顔してるけど、違うねんな!」…と嫌味を言われて、ヘヘッと笑っていた私。

改めて体制を整え、闘う所存です!

そして、そんなおばば様とのバトルが繰り返される中、おばば様の退職予定が3ヶ月…6ヶ月…10ヶ月…1年と延びに延び、その間の体制も変化して行きました。おばば様からの引継ぎが私1人では無理だと思った社長は、新たに男性社員を引継ぎ要員として投入しました。2人体制でおばば様から仕事を引き継ぐ事になったのです。

おばば様からすると新たな敵が出没した事で、意地悪をするターゲットは自然と私から男性社員に移りました。

うなだれる男性社員

更に席替えによって、おばば様の横に男性社員、目の前に私が座るようになったのです。目の前と言っても、おばば様の資料で垣根ができているので、ラッキーだった私。

おばば様からグチグチ言われ続けて来た私のポジションは、すっかり男性社員に切り替えられ、男性社員のうなだれる姿を見ては、アイコンタクトにより、心情お察しします! ガンバレ!…とエールを送っていました(笑)

 

男性社員が投入されたことで私の手が更に空くことになり、私は他の部署のお手伝いとしてPC作業が増えました。おばば様との接点が減って、他の社員との関わりが増えちょっとホッとしました。おばば様と少し距離ができ、仕事を奪わない関係になると自然と当たりが柔らかくなり、優しい笑顔を見せてくれる時もありました。

おばば様の子供っぽさ

だけど、それは機嫌がいい時に限る話で、普段や機嫌が悪い時は、他の人に部下を取られた感じでちょっと拗ね気味になるのです。(笑) 

PC作業をカタカタやっていると、突然立ち上がって、わざと垣根であるファイルの上で資料を捲り出し、どうかすると私が見ているPC画面を反対側から覆ってくるのです。

 

その瞬間、思わず目がテンになって爆笑してしまいました。めっちゃ我儘で面倒くさい人なのですが、最初の頃の嫌な部分より、子供っぽい面が目について、そんなに悪い人じゃないなぁ...ちょっと不器用で意外と可愛い人だなぁ...という気持ちに変わっていました。 

おばば様の女ごころ♥

おばば様にはお気に入りの業者さんが1人いました。その業者さんと話しをすることが、仕事上何よりの楽しみだったようです。

ある日、お気に入りの業者さんがおばば様の用事で来ました。

最初は、おばば様と話をしていた業者さんですが、そのうち私の方に身体を向けて目を合わせて喋ってくるので、つい失礼のないように談笑していました。

おばば様としてはそれが許せなかったようで、女の嫉妬心を猛アピール!我慢の限界に達したところで、話しの途中だったはずなのに姿がスーッと何処かに消えていました。

アレ? どうしたんだろう?

…と思っていると、業者さんが帰った頃、席に戻って来て

グワ~ッ…とマシンガントーク炸裂❗️

「〇〇さんは、アンタに関係ないねんから、目を合わさんといて!」

一瞬…(。´・ω・)ん? 

何言ってるの?…と思った私。

次の瞬間、あっ、そういうことか!(*´艸`*)おばば様...

 

それからというもの、業者さんが来たら「あっちを向いてなさい!」というおばば様からのジェスチャーが飛んでくるので、わざとらしく椅子事横を向き、隣の女性社員と爆笑していました。

何だかんだ意地悪だったおばば様でしたが、結構楽しい思い出に変わっています。 

秒読み段階はお祭りモード

年末…皆から、「今月いっぱいだから頑張れ!」という声をかけられ、おばば様の退職が秒読みになっていました。

何となくお祭りモードになっている皆の姿を見ていると、目的に近づいているんだけど、おばば様が可哀想に思えて複雑な心境でもあったんです。

しかし、その秒読み段階のある日の朝、何か秘策を考えたらしいおばば様は、社長室へ上がって1時間程戻って来ませんでした。

そして、戻って来た時、状況は逆転しており、話しの内容がガラッと変わっていました。一気にお祭りからお葬式モードに切り替わってしまったあの日…。

流石‼ おばば様…

社長のどんな弱みを握っていたのだろう。

そして、私は…

1年も在職していれば、私にだって会社の良い面、悪い面がわかってきます。

これからずっと、ココで働いていく自信はある?…と自問したとき、

答えはNO!でした。 (笑)

 

 

今回、くだらない長文にお付き合いくださり、ありがとうございました♥