読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

dokiwaku_everydayのブログ

ドキドキ♥ワクワクな毎日を主食としているブログ 

『ドキワクな毎日』~ 人生のターニングポイント❣ ~

皆さま…こんばんは。

f:id:dokiwaku_everyday:20170211000507j:plain

今夜も冷えてますね。

 

 

今日、誰かの新幹線ネタの投稿を読んだからか

お風呂time…

懐かしい思い出に浸っていたワタシ。

 

 

あの時のあの出会いは

まさしく

人生のターニングポイント❣

 

あの時、首を縦に振っていれば

今のワタシはココに居ない。

 

だけど、横に振ったから

今…こうしてブログってるのだ。

 

そんな出会いがあった。

 

それは、

ワタシがまだ独身で

横浜で一人暮らしをしていた頃の話。

 

夏季休暇を貰ったワタシは

久しぶりに帰省するために

新横浜から博多行の新幹線に乗った。

 

2人掛けの席で、最初は1人で座っていたワタシ。

途中、どこからか50代くらいの男性が乗って来て

ワタシの隣に座った。

 

とても紳士的な男性だった。

どの辺りからか

2人で世間話を始めていた。

 

1人で黙って座っているより

誰かと会話をしているだけで

移動している時間が短く感じる。

 

ワタシは小倉まで

その男性は博多までだった。

 

学生時代の話や短大卒業してから

横浜で一人暮らしをしている話しなどをしていたと思う。

 

その男性は、中小企業の社長さんだった。

名刺もその時にいただいた。

 

そして、岡山か広島を過ぎた頃…

余りにも会話が弾んだからなのか?

突然、息子さんとのお見合い話しが持ち上がった。

 

エッ!? ワタシがお見合い?

それも…新幹線の中で突然、降ってくる?

 

 

お見合い何て考えてもいない頃だった。

『これも何かの縁だと思う。

君のようなお嬢さんが息子の嫁だったら…』

 

…とドラマの1シーンのような台詞にドキドキした。

息子さんは30代前半だった。

 

いやいや…

いくらお父さんが気に入ってくれても

息子さんとワタシが合うとは限らない。

 

しかし、お父さんも負けてない。

『私に似て、凄く男前だよ』…と

まるで、ワタシの面食い具合がバレているよう   (笑)

 

凄く君、話しやすいし』…

その頃のワタシは、今とは違って

大人しいお嬢さんを装っていたはず。

 

それから、小倉に着くまでの時間

その男性の奥様の話から息子さんの話まで聞かされ

ギリギリまで粘られた。

 

どうしてもダメ?

 

お見合い何て考えてもいない頃だったので

丁重にお断りして小倉で降りた。

 

新幹線を降りて

ドキドキしていたあの日の事を

何故か今日…思い出してしまった。

 

 

新幹線での数時間だったけど 

凄く貴重な体験をしてたんだなぁ

ワタシ…。

 

 

人生のターニングポイント。

そんな事を考えながら

 

この一瞬でさえターニングポイントなんだ❣

…と気付いたよ。

 

ブログを書き終わる瞬間に…   (笑)

 

 

 

 

by ゆだっち