dokiwaku_everydayのブログ

生きているだけでドキドキ♥ワクワク、ハラハラなオカンの毎日を気ままに綴るブログです♪

『ドキワクな毎日』~ 1件のリプが目覚めさせたもの ~

ここのところ脳みそがアレコレ暴走し始め、うまく思考をまとめることができません。本当はいつものことです。

雑念の多い私は、Blogに書いてまとめようとしている間も、色んな思いが沸き上がり、フラフラと寄り道傾向なので、ちっとも前に進めません。

そんな私の暴走思考を今日は、急展開な内容と共に書いてみます。

どうぞ、お付き合いください!!

 

野望の始まり

まずは先日、Twitterに届いた1件のリプから、自分でも驚きの野望が見えて来ました。

この世界にあるお金を掻き混ぜて、富裕層と貧困層の格差をスロープのように滑らかにしたい!! 

この野望により私の頭の中では、日々…妄想が繰り広げられています。

寸劇化された妄想

頭の中に突如現れたのは、毒壺を掻き混ぜる魔女。

いつの間にかそのシーンは、魔女が私に代わり、毒壺が地球に変わっていました。地球の上に手をかざした私は、両手で地球の上にあるお金を麻雀杯のように掻き混ぜ、平らにしようとするシーンが連日上映されています。(笑)

野望の始まりは1件のリプから

ある日の朝、Twitterで1件のリプに(・∀・)イイネ!!を付けた人がいました。

それまで、見たくないものは見えない設定にしていたので、気付くことはなかったのですが、先日Twitterの設定を変えたことから、そのリプの存在が浮上し明らかになりました。

(きっと、そろそろ見ても大丈夫だよと、自分で思ったのかもしれません)

そのツイートは、去年の暮れに生活費をpolcaで集めたいと企画していたもので、リプの言葉はそんな行為に対する否定でした。

その否定的な言葉の中で特に印象的だったのは、

支援をして貰う=社会への侮辱 

という言葉です。読んだ時、腹が立つというより、どういう意味だろう?と疑問しかありませんでした。

次元が違う人の言葉は、理解しようとしても思考がかけ離れているので、サッパリ理解ができません。

支援をして貰うことが、社会への侮辱?  

支援…社会への侮辱? んん…支援と社会への侮辱の接点は何⁉︎

個人支援が悪なのか?

団体だったらOKなのだろうか?

と、一応考える努力はしてみたんです。

だけど、どうしても理解ができず、とうとう私の中に眠る反骨精神を目覚めさせてしまったようです。

f:id:dokiwaku_everyday:20180922163508j:plain

この思考を砕きたい!!

意識の改革を目指すには

思考を砕く=意識改革 を求めるには、どうすれば良いのだろう?

今の私は無力なオカン。どんなに声を上げてみても、ちっぽけな蟻🐜が巨大な人間に話しかけているようなものなので、その声は誰にも届かない。

だけど、ちっぽけな蟻にだって声はあるはず。

ちっぽけな私の声や想いを届けるには、どうすれば良いんだろう?

f:id:dokiwaku_everyday:20180923085327j:plain

今の世の中は、何処を見ても弱者にとって、生きにくさを感じる社会だと思うんです。弱肉強食だから仕方がないだろう!と言う人もいるかもしれませんが、弱肉強食の中で弱者も笑って暮らせる社会が理想だと思います。

現在、普通に生活できている人も、いつ、どんな時に弱者側に陥るかわからないのが現代だと思うんです。そう考えた時、弱者への生きやすさを整えておくことは、自分の為にもなると思います。

これからを生きる子供たちの為に、生きやすい社会にするのは大人の役目だと思います。

だから今、弱者寄りにいる私は声を上げて行こうと思うのです。

声を上げる舞台

うちの父が生きていた頃、毎晩お酒🍶を飲み、飲みすぎると世の中に対する不平不満を口にしていました。ネットが普及していない時代だったので、父の声が届く場所は一緒にいる家族や知人だけでした。

現代は、ネットが普及し誰でも社会や複数の人に向けて声を上げる環境が整っています。小さな蟻🐜でも声は上げれるし、上げて良い環境が整っているんです。

父の姿を見てきたからこそ、私は声を上げていきたいと思っています。

この時代に生きてて良かった♥

声を上げたら届けたい

声を上げ始めると、今度は届けたい欲求にかられるのが人間です。

だけど、所詮ちっぽけな蟻んこの私は、自分の無力さが身に染みて (ノД`)シクシク

諦めてしまいそうになるのですが、それでも、生きやすい社会にしたい!と思う私がいるんです。

そして、ついに想いが噴き出したようで

今の私が欲しいモノは、お金もだけど、チカラだよ~

…と叫んでいました。(笑)

箕輪編集室に入った理由

無力な私がチカラが欲しいと願った時、仕事を探すより箕輪編集室に入ろう!と思いました。

箕輪編集室 - CAMPFIRE (キャンプファイヤー)

に入った理由は野心からです‼︎‼︎ (笑)

ド素人でド下手なライティング力をアップさせ、発信力をアップさせたい!!

このわけのわからない思考層を砕く作戦です!!

私、オカンは反骨精神に則り

全力で自分にチカラを付けることをココに誓います!!  (`д´ )ゞ

誓いを立ててみたら

ある夜、暴走が始まった私の前に、1件のツイートが流れて来ました。

まるで自分で引き寄せたかのようなツイート。

仲間を募集されていました。

ターゲットは違えど目指すものは同じだと思い、私もお手伝いしたい!!と思った瞬間応募ボタンをポチッていました。 

自分でも驚きです!!  

 

その日、Twitter上で家入さんと箕輪さんの宮崎対談イベントのツイートが流れてきて、素直な気持ち『奈良でも対談イベントして欲しいなぁ』と思ったのでRTしていました。

 

次の日、私の目に止まったツイートは、CAMPFIREファンクラブの募集でした。(笑)

またまた、やりたい!! と思ってしまった私は、応募ボタンをポチッ。

押す前に安全確認上、一旦停止はしました。

ディレクター経験なんてないけど、お手伝いできるならやりたい!!と思い、次に『応募の流れ』をよく読み

  1. 1. 応募するとアカウント情報が相手に届きます。
  2. 2. 必ず連絡が来るわけではありません。
  3. 3. 募集者がマッチしたと思った場合メッセージを送ります。
  4. 4. メッセージは連携SNSで届きます。

2.3の内容を見て、ダメな場合もあるんだぁ(何故か安心感が漂う)

だったら、興味はありありだし行っちゃう? GO!! GO!!  という事で発進!!!

昨日の夜『ヒーローズ』に応募したばかりですが…というメッセージも伝え、買い物へ行った私。家に帰って、携帯を見るとメッセンジャーに連絡が来ていて

えぇぇっ!! ホントですか? 良いんですか?

と叫びながらメッセで連絡。あれよあれよと面接日が決定し、急遽25日に東京へ行くことになりました!! 余りの急展開っぷりに驚きと笑いが止まりません。 

家入さんを奈良に呼びたい!!と思ったら、反対にCAMPFIREへ呼ばれて行くことになるって、キャハハです。

これも単に、私の野望を目覚めさせてくれたあのリプのお蔭。

ありがとうございます。

(・∀・)イイネ!!で知らせてくれたあなたにも感謝しています。

まとめ

今回、1件のリプから野望が拡がり、そのお蔭で思わぬ方向へ歩み始めた私です。1歩進んで2歩下がらないように注意します。(笑)

そして、引きこもり息子も一緒に東京へ連れ出し、何か刺激を貰えたらなぁと期待を込めて「面接で東京行くけど、刺激貰いに一緒に行ってみる?」と聞くと、

最初は「刺激貰えるのは、かあちゃんだけだろ」と却下されました。撃沈!!

しかし、昨日の夜「日帰り?」と確認され、「日帰りのつもりだけど、状況によっては一泊するかも」と言うと、ジワジワと寂しさが沸き上がって来たようで、「俺も行く!!」と主張。

良し!! この東京行きは、何かを変えるチャンスかもしれない!!

 

 

そんなこんなで、再びpolcaで交通費の支援をお願いしています。

少しでも応援いただけると喜びます。どうぞ、よろしくお願い致します。

25日で終了させようと思います。

polca.jp